天安門事件と民主化運動

中国民主化運動家

1989年第二次天安門事件の学生指導者の王丹が、やはり民主化運動活動家として名前を挙げることができます。王丹は、中華人民共和国当局指名手配者の筆頭でもあります。

現在は、国立清華大学(台湾)客員助理教授でありハーバード大学博士です。

香港いきたいっ

1969年2月26日、学者の両親を持ち北京市で生まれました。両親の母校の北京大学に進学しました。天安門事件を主導したときは、北京大学の一年生でした。1989年と1995年にそれぞれ逮捕され有罪判決を受けます。また母親で歴史学者の王凌雲も不当拘束を受け、その高速での後遺症が残っています。錦州監獄で政治犯として収容されていたましたが、国際的な圧力で1998年に仮釈放されると同時に、アメリカに亡命しています。2008年にハーバード大学で東アジア史の博士号を取得し、現在はオックスフォード大学に上級研究員として籍を置き、台湾で中国民主化運動を続けています。現在でも、世界で最も有名な中国民主運動家の一人に数えられ、劉暁波(2010年ノーベル平和賞を中国人で初受賞)の08憲章に賛同したほか、2012年に盲目の法律家・陳光誠が米国に亡命した直後に対面しています。

2011年6月、天安門事件から22年になるのを前に、讀賣新聞のインタビューに応じた際、「民主化、人権を巡る状況は、天安門事件当時より悪い。事件以前、政府批判や民主化、人権の議論が出来た。今や人々は当局の弾圧を恐れて何も出来ず、何も言えない」と語っています。

2012年7月に国際人権団体アムネスティ・インターナショナル日本支部と映画会社シグロの招聘で初来日。慶応義塾大学、東京工業大学、日本外国特派員協会、自由報道協会で講演したほか、NHKや主要全国紙、通信社の取材を受けた。また自身が出演する翰光監督の映画「亡命」上映会に登壇し、日本人、在日中国人の双方から反響を呼んでいます。中国民主化・人権問題に関してはインターネットの重要性を強調し、辛亥革命期に日本人の協力を得ていた孫文を引き合いに出して、日本国内での中国内情への関心を訴えています。

六四天安門事件で、1989年6月4日指名手配された21名の中心人物

中国政府より指名手配されたものは21人。うち、亡命生活を送っているのは14人いる。

  • 王丹 - 名簿第1位
  • 劉剛 - 名簿第2位、逮捕、投獄を経て米国に亡命
  • ウーアルカイシ - 名簿第3位(民主活動家の劉暁波の教え子)
  • 柴玲
  • 周鋒鎖
  • 翟偉民
  • 梁擎暾
  • 王正雲
  • 鄭旭光
  • 馬少方
  • 楊濤
  • 王治新
  • 封從德
  • 王超華
  • 王有才
  • 張志清
  • 張伯笠
  • 張銘
  • 熊煒
  • 熊焱
中華料理を極める